海洋研究開発機構、高知大学、茨城大学、筑波大学の共同研究グループは、本州近海の拓洋第3海山の斜面一帯に、コバルトリッチクラストが広がり、その一部は北西太平洋最大級の13cmに達する厚さに成長していることを発見した。

 

 古い海山の斜面には、基盤岩を覆うように、鉱物を主体とした厚さ数mm~10cm強のコバルトリッチクラストが分布しており、コバルト、ニッケル、テルル、白金、レアアースなどのレアメタルを含む海底金属資源として注目されている。

 これまでコバルトリッチクラストの科学的調査は、主に日本列島から約1800kmも離れた遠くの拓洋第5海山において行われていたが、今回、同共同グループは、房総半島から東にわずか約350km離れた拓洋第3海山において調査を行い、水深1500mから5500mの海山の斜面一帯がコバルトリッチクラストに覆われていることを確認した。本州近海の排他的経済水域の海山でこのような発見がなされたのは初めてである。

 拓洋第3海山は比較的アクセスが容易なフィールドであるため、今後、コバルトリッチクラストがどのように形成されるのか、その産状や成因解明、さらには調査・開発技術の実験海域として利用が期待されている。

茨城大学

茨城の地に根ざし、持続可能な社会に貢献し、優れた人材を輩出し続けることを目標とします。

茨城大学は、1949(昭和24)年に水戸高等学校、茨城師範学校、茨城青年師範学校、多賀工業専門学校を統合し設立されました。地域に根差ざした総合大学として、地域の教育、研究、芸術、文化、産業の振興に寄与し、地域社会、国際社会に有為な人材を輩出し続けることを目的と[…]

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。