千葉商科大学の商経学部、サービス創造学部、人間社会学部では、それぞれ、「2017年度地元再発見コンテスト」、「サービス創造大賞2017」、「明日の福祉アイデアコンテスト」を開催し、高校生らから新しいアイデアを募集している。

 商学部は、現役の高校生を対象とした「2017年度地元再発見コンテスト」を開催。高校生が地産商品や伝統文化、世界的に誇れる技術をもつ中小企業など“地元の自慢できる「もの」や「こと」”を調査し、地域資源を活用したビジネスプランを考えることで、地元への意識を深め、さらに、高校生の考案したビジネスプランを社会に発信することで、地域経済の力となっていくことを目指す。
募集期間は2017年6月19日(月)~9月29日(金)。1次審査を通過したプランは、2次審査として2017年11月30日(木)までに5分以内の映像資料を提出する。最優秀賞には、賞状と褒賞金(10万円)が贈られる。

 サービス創造学部の「サービス創造大賞2017」は、全国の高校生・大学生を対象とした新しいサービスのアイデアを募集するコンテスト。普段の生活のなかであったらうれしいサービスを考える、一般課題部門「あったらいいな、こんなサービス」と、食を通じた教育やエンターテインメント、日本文化の発信などのサービスを考える、企業課題部門「あったらいいな、食に関するこんなサービス」の2部門がある。
募集期間は2017年7月3日(月)~9月29日(金)。大賞には、それぞれ奨学金10万円が贈られる。

 人間社会学部は、湖山医療福祉グループとの共催で、高校生を対象とした「明日の福祉アイデアコンテスト」を開催。家族とのつながり、地域交流、健康づくりの面から、より良い福祉を実現するアイデアを募集し、優秀なアイデアは、湖山医療福祉グループの施設において実践を検討する。
募集期間は2017年7月1日(土)~9月29日(金)。グランプリには、賞状、副賞(奨学金5万円)、記念品が贈られる。

参考:【千葉商科大学】新しいアイデアを求む! 「地元再発見コンテスト」「サービス創造大賞」「明日の福祉アイデアコンテスト」

千葉商科大学

「やってみる、という学び方。」で、社会に出てから必要とされる実学を身につけよう

創立以来、社会で役立つ実学を学問の中心に据えています。座学に加え「やってみる、という学び方。」を推進していることが特徴です。経験と理論・知識の両輪で人を育て企業が求める力を身につけた人材を輩出します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。