7月も中旬となり、各大学では夏のオープンキャンパスが目白押しだ。ところで最近のオープンキャンパスに大きな変化があることはご存知だろうか。保護者を対象としたプログラムの充実だ。

 全国から学生が集まる金沢工業大学は10年ほど前からオープンキャンパスで保護者向けの説明会を実施してきたが、今年春から新たに保護者のためのキャンパスツアーを始め、多くの保護者が参加し、好評だったという。

 同大学では7月16・17日に開催される夏のオープンキャンパスでも「保護者説明会」と「保護者のためのキャンパスツアー」を行う。

 県外出身者が74%を占める同大学において、4月からの独り暮らしを心配する保護者は多い。そのため「保護者のためのキャンパスツアー」では、大家さんが熱心に面倒をみている寮やアパートをはじめ、学生生活全般にかかわる施設を職員が案内している。

 例えばキャンパス内には、朝食セット(250円)や夕食セット(500円)など、1080円で3食が賄えるレストラン「ラテラ」から、診療所、不在郵便物の受け取りやゆうちょ銀行が利用できる簡易郵便局、帰省・就職活動の際に切符を手配するサービスセンター、学内のアルバイトを受け付ける学生ステーションなどがあり、学生たちの暮らしをバックアップしていることを説明。さらに資格取得をサポートする自己開発センター、就職活動を支援する進路開発センターといったキャリア形成を支える施設も見学することができる。

 学生の一人暮らしへの不安を解消する説明は、保護者説明会でも行われる。

 同大学ではクラス担任に相当する修学アドバイザーが年間を通じて新入生を丁寧に指導している。
年2回、全員に個別面談を実施するだけでなく、1年生は1年間、毎週にわたって行動履歴を記載する「修学ポートフォリオ」を修学アドバイザーに提出。修学アドバイザーはすべて目を通してアドバイスや励ましなどコメントをつけ、学生に毎週返却する。行動履歴にはその週の行動目標を3つあげて達成度を記載するほか、予習・復習・課題に日々、何時間費やしたのか、部活動や課外活動、アルバイトの内容や時間帯、朝・昼・夕の食事をとったかどうか、睡眠時間は毎日何時間だったか、運動を何時間したのか、1週間で特に努力した点、反省すべき点なども記載する。
最初は面倒がっていた学生達も、学期末にはほとんどの学生が「取り組んでよかった」と回答しているという。

 一人暮らしには自己管理や自律的な行動が求められる。同大学は「面倒見が良い大学」として11年連続で全国1位の大学として知られているが、こうしたことにもその一端が伺えそうだ。

参考:【金沢工業大学】夏のオープンキャンパス

金沢工業大学
金沢工業大学

人や社会に役立つものを創造する「イノベーション力」を身につけます

金沢工業大学(KIT)では、ユーザーが何を必要としているのかチームで考え、アイデアをプロトタイプとして具体化し、実験・検証・評価していくプロジェクトデザイン教育を全学生対象に実施しています。世界標準の技術者教育「CDIO」を導入し、グローバル人材に期待される「[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。