情報セキュリティソリューションを提供する株式会社カスペルスキーは、静岡大学と共同で開発した「ジュニアスマホ検定」の無料配信を2015年6月23日から始めました。

 検定開発の背景には、インターネットの利用が日常化したことで、子どもたちのネット依存やネットいじめ、犯罪に巻き込まれるトラブルが増加している現状があります。このような現状の中、この検定サービスは、家庭での情報モラルの教育やインターネットセキュリティ対策への意識を高めることを目的に、カスペルスキーのインターネットセキュリティ分野の知見と静岡大学教育学部塩田真吾准教授の情報モラル教育の専門性を融合させ開発されました。
http://www.kaspersky.co.jp/about/news/business/2015/bus23062015

出典元より引用

検定の対象は、小学校4年生から中学校3年生の子どもとその保護者で、スマートフォンなどのインターネットの利用状況やモラル、セキュリティなどに関する質問が出題されます。検定は2種類あり、小学校4年生から6年生を対象にした「基本」16問(受検時間約10分)と中学生を対象にした「上級」25問(受検時間約20分)です。受検結果が80点以上の場合は合格証書が画面上に表示され、印刷もできます。

子どもたちが受検することで、インターネット利用時の基礎知識を学ぶことができることはもちろん、保護者も受検することで、子どもとの基礎知識のギャップを把握でき、検定結果をもとに家族で話し合いながら、家庭でのスマートフォンやインターネット利用のルールを決めることにも役立ちます。検定は「ジュニアスマホ検定」の公式サイトで無料で受検できます。

出典:【株式会社カスペルスキー】カスペルスキーと静岡大学が共同開発、小中学生と保護者向け『ジュニアスマホ検定』の無償提供開始

静岡大学

「自由啓発・未来創成」 質の高い教育と創造的な研究を推進し、社会と連携し、ともに歩む存在感のある大学。

教育・研究・社会連携の柱として、「自由啓発」を発展的に継承していきます。 平和で幸福な「未来創成」を目指し、教育、研究、社会連携に積極的に取り組みます。 静岡大学に関わるすべての人々が、互いに信をおき、学びあい、それぞれの多様性を尊びながら、「自由啓発・未[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。