慶應義塾大学の記事一覧

大腸腫瘍を培養皿で「ミニチュア化」 新薬開発に期待 慶應義塾大学

 慶應義塾大学は、ヒトの大腸腫瘍を体外で完全増殖することに成功し、患者体内の腫瘍と同じ性質を持つ「腫 […]

世界初、MIRAGE症候群を発見 難病を生じる新遺伝子疾患 慶應義塾大学ほか

 慶應義塾大学医学部、国立成育医療研究センター、横浜市立大学医学部などの共同研究チームは、先天性副腎 […]

世界初、ハダカデバネズミからiPS細胞作製 長寿とがん予防へ 北海道大学ほか

 北海道大学遺伝子病制御研究所の三浦恭子講師、慶應義塾大学医学部生理学教室の岡野栄之教授らの研究グル […]

蛍光性色素に代わる新しい色素を開発、慶應義塾大学と筑波大学

 慶應義塾大学医学部薬理学教室の安井正人教授らは、筑波大学数理物質系の新井達郎教授らと共同で、細胞膜 […]

アトピー性皮膚炎の原因遺伝子解明 ワセリンで予防の可能性 徳島文理大学など

 理化学研究所などの共同研究グループは、モデルマウスにおけるアトピー性皮膚炎発症のメカニズムを解明し […]

iPS細胞から心筋細胞の作製に成功 心臓再生医療に光 慶應義塾大学

 慶應義塾大学医学部の研究グループが、ヒトiPS細胞から心臓の筋肉となる心筋細胞を高純度でつくる方法 […]

慶應義塾大学、次世代都市型スマートシティに国際学生寮を新設

 慶應義塾大学は、パナソニック、野村不動産などで構成する「Tsunashima SST 協議会」に参 […]

世界初 がん細胞増殖と薬剤耐性に関わるタンパク質の構造解明 慶應義塾大学 

 慶應義塾大学医学部医化学教室の加部泰明講師、末松誠教授(現AMED理事長)らの研究グループは、難治 […]

PETを分解し栄養にする細菌を発見 地球にやさしいリサイクルへ 慶應義塾大学ほか

 慶應義塾大学理工学部吉田昭介助教(現所属:京都大学工学研究科)、宮本憲二准教授、および京都工芸繊維 […]

道具を使うカラスの嘴が特殊な形に進化、慶應義塾大学発見

 南太平洋のニューカレドニア島に暮らし、小枝などの道具を使って昆虫を獲る「カレドニアガラス」の嘴が道 […]
  1. 1
  2. 20
  3. 21
  4. 22
  5. 23
  6. 24
  7. 25