秋田県立大学、筑波大学及び農業・食品産業技術総合研究機構の共同研究グループは7月14日、セシウムの吸収を大幅に低減できるイネの開発に成功したと発表した。

 東日本大震災以来、作物が放射性セシウムを吸収することを防ぐことが課題となっている。セシウムとよく性質が似ているものにカリウムがある。このため、これまで植物は、カリウムの輸送経路を通してセシウムを吸収していると考えられてきた。しかし、カリウムには吸収経路が多くあり、どの経路によってセシウムが吸収されているのか分かっていなかった。

 今回、研究グループは遺伝子組換えでない10,000 個体近くのイネ変異体を栽培した。その結果、その中にセシウムを吸収しない個体の存在を発見した。この個体を解析すると、カリウム輸送体の一つであるOsHAK1が主な吸収経路になっており、その他の経路はほとんど使われていないことが分かった。

 そして、この機能を失ったイネはセシウムを大幅に吸収しなくなることが判明。さらに、現地圃場での玄米の栽培試験の結果、放射性セシウム濃度が親品種(あきたこまち)の 10%以下に大幅に低減できることが証明された。今後は米への放射性セシウムの吸収抑制策として活用されることが期待されるとしている。

論文情報:【Plant and Cell Physiology】Caesium uptake by rice roots largely depends upon a single gene, HAK1, which encodes a potassium transporter

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。