住宅販売のジブンハウスは、VR(仮想現実)やMR(複合現実)などの新技術を研究する東京大学生産技術研究所の大石岳史准教授と東京大学発のベンチャー企業アスカラボと共同で、AI(人工知能)が消費者の好みに合わせて住宅を提案、スマートフォン上にAR(拡張現実)技術で建設予定の住宅を出現させる新サービスを今秋にも始める。

 ジブンハウスによると、共同研究では大石研究室とアスカラボがAIプログラムとAR技術、ジブンハウスが土地データベースとモデルハウスの情報を提供。住宅を新規購入する際、消費者の好みやライフスタイルに合わせ、AIがサイト上で最適なモデルハウスと土地データベースを検索、提案する仕組み。
消費者が現地へ出向き、スマホアプリを起動させてその土地にかざすと、AR技術でそこに実際に住宅が建っているような現実的な完成予想図を見ることができる。

 ジブンハウスはこれまで、VR空間に仮想の住宅展示場をつくり、VR技術で住宅を内覧、ECカート上で住宅を購入する新システムを提供してきた。今後はこの技術をマイホームの販売だけでなく、全国で社会問題化している空き家対策にも活用していく方針。

 大石准教授は「AR、VR技術は少しずつ知られてきたが、ビジネスに本格的に活用されているとはいいにくい。不動産分野での活用を通じ、AR、VR技術の普及が進むのではないか」とのコメントを発表した。

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。