「家族割」制度

 二親等以内に在学生・卒業生がいる受験生が対象で、一般AO入試(同窓子弟・子女型)で出願でき、合格した場合、入学金から10万円を減免するというものです。以前は卒業生の家族だけが対象でしたが、「兄弟や姉妹を同時に通学させたいが経済的に厳しい」との在学生の保護者の声もあって対象を広げました。同窓会でお会いする卒業生の中には、経済的に厳しい中、大学を卒業できたのは本学のおかげだと言ってくださる方も多く、そのような卒業生が、ご子弟・子女に本学入学を勧めてくださるケースも少なくありません。今年の新入生の中で、何らかの経済的支援制度を利用したのは、入学者全体の25%に当たります。本学の多様な経済的支援制度の根底にあるのは、頑張った人・頑張りたい人をサポートし、社会に有用な、社会に貢献できる人材(=「治道家」)を育成するという建学の精神にあります。意欲があれば、利用できるものはたくさんありますし、かつ、とても利用しやすくなっていますので、学生達には大いに活用してもらいたいと思います。そして、自分の力を最大限に伸ばしていってもらいたいと思います。

 
千葉商科大学 入学センターオフィス 広報セクション 課長 伊藤 紘太さん

千葉商科大学 入学センターオフィス
広報セクション 課長
伊藤 紘太さん
  1. 1
  2. 2
  3. 3
千葉商科大学
千葉商科大学

「やってみる、という学び方。」で、社会に出てから必要とされる実学を身につけよう

創立以来、社会で役立つ実学を学問の中心に据えています。座学に加え「やってみる、という学び方。」を推進していることが特徴です。経験と理論・知識の両輪で人を育て企業が求める力を身につけた人材を輩出します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。