研究成果の記事一覧

九州大学など エイズ根治に道

 九州大学の岩見真吾准教授、京都大学の小柳義夫教授、東京大学の合原一幸教授らの共同研究で、HIVの感 […]

筑波大学 未来のコンピュータ材料の開発に道

 筑波大学の重川秀実教授のグループは小さな分子をシリコン電極で挟み、その間隔を調製することで電流の量 […]

京都大学 霊長類の脳を光で操作

 京都大学の高田昌彦教授、筑波大学の松本正幸教授らは、霊長類の複雑な脳神経回路の一部に光を照射するこ […]

広島大学 ウイルスが宿主の妨害から逃れるメカニズムを解明

 広島大学の坂口剛正教授、杉山政則教授らのグループはウイルスが増殖を抑制するシステムから逃れる仕組み […]

大阪大学 喫煙で老けやすくなる証拠を発見

 大阪大学の瀧原圭子教授らのグループは喫煙が老化に関わる遺伝子であるαクロトーの働きに影響を与えるこ […]

東京大学 磁気記録テープの新材料を発見

 東京大学の大越慎一教授らの研究グループは鉄酸化物からできたナノサイズのハードフェライト磁石の開発に […]

東京大学 胎盤形成にはウイルス由来遺伝子が関与

 東京大学の今川和彦教授らの研究グループは哺乳類の胎盤形成に関わる遺伝子は感染したウイルスから取り込 […]

東北大学 動物で脳の損傷を回復

 東北大学の出澤真理教授と冨永悌二教授らのグループはミューズ細胞と呼ばれる人の皮膚に存在する幹細胞を […]

大阪大学 医薬品の製造コストをダウン 安価で高性能な触媒

 大阪大学の真島和志教授、産業技術総合研究所触媒化学融合研究センターの佐藤一彦研究センター長らのグル […]

東京農工大学 新しい強力磁石の開発に道

 東京農工大学の山本明保特任准教授らは鉄を含む超伝導体から強力な磁石を作ることに成功しました。医療分 […]
  1. 1
  2. 164
  3. 165
  4. 166
  5. 167
  6. 168
  7. 179