治療法の記事一覧

広島大学 ウイルスが宿主の妨害から逃れるメカニズムを解明

 広島大学の坂口剛正教授、杉山政則教授らのグループはウイルスが増殖を抑制するシステムから逃れる仕組み […]

東北大学 動物で脳の損傷を回復

 東北大学の出澤真理教授と冨永悌二教授らのグループはミューズ細胞と呼ばれる人の皮膚に存在する幹細胞を […]

難病「多発性硬化症」患者の腸内細菌の異常を解明、東京大学

東京大学の服部正平教授、麻布大学の森田英利教授、順天堂大学の三宅幸子教授および国立精神・神経医療研究 […]

中央大学、大阪大学など 細胞内を移動するタンパク質の姿を捉えることに成功

 中央大学の今井洋助教、大阪大学の昆隆英教授らの研究グループは細胞内で物質輸送を行うタンパク質モータ […]

血中乳酸値を制御する新メカニズム解明―慶應義塾大学

心不全、敗血症などの重篤なショック状態により血中乳酸値が上昇し、血液が著しく酸性に傾くことで引き起こ […]

肥満で中性脂肪が増える仕組み解明―東北大

8月17日、東北大学は、太っていくにつれて中性脂肪が高くなるメカニズムを解明したと発表しました。過食 […]

アメフラシの脳の活動を可視化する新手法―芝浦工大

9月3日、芝浦工業大学は、同大学応用化学科の吉見靖男教授が脳神経の動きをモニタリングする新たな手法を […]

京大と日立がiPS細胞パネル構築に向け、協力合意

京都大iPS細胞研究所(山中伸弥所長)と大手電機メーカーの日立製作所(本社・東京、東原敏昭社長)は、 […]

Tリンパ球「正の選択」の新機構解明-徳島大ら

8月25日、徳島大学は、同大学疾患プロテオゲノム研究センターの高田健介講師と髙濵洋介教授らが生体防御 […]

群馬大学 甲状腺ホルモンが血管修復―動脈硬化の予防につながる可能性―

群馬大学の村上正巳教授らの研究グループは培養した血管内皮の細胞に甲状腺ホルモンを作用させた際に細胞が […]
  1. 1
  2. 9
  3. 10
  4. 11
  5. 12