厚生労働省は、2017年3月27日に破産申請を行った「てるみくらぶ」の内定者に向け、内定取消しの相談に対応するための特別相談窓口を開設した。また、内定取消しを受けた学生の就職先として、アディーレ法律事務所が支援を表明している。

 厚生労働省による「てるみくらぶ」の内定取消者の相談に対応する特別相談窓口は、東京および大阪の新卒応援ハローワークに設置された。担当者制で、個別就職支援やガイダンス・セミナー実施のほか、内定取消しを受けた学生・生徒の要望に応じた相談対応を行う。東京と大阪以外の地域でも相談可能で、希望者はまず最寄りの新卒応援ハローワークなどに相談するよう呼びかけている。

 また、弁護士法人アディーレ法律事務所は、業界は異なるものの内定取消者を選考不要で採用することを発表。「入社5日前に内定先が倒産してしまい、引っ越した部屋の家賃が払えないなど、皆さまは先の見えない不安に駆られていることでしょう。アディーレでは、そのような皆さまの再スタートを支援するため、選考を行わず内定を出すことを決定した」としている。勤務地は、なるべく採用生徒・学生の希望を受入れる意向。採用期限は4月2日15:00まで。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。