名古屋大学大学院生命農学研究科(研究科長:川北 一人)の福島 和彦教授らの研究グループは、日本メナード化粧品株式会社と共同研究を実施、ヒトの生体皮膚に浸透した有効成分の可視化に成功したことを発表した。

 これまで、ヒトの皮膚に塗布された有効成分の浸透経路や浸透速度については不明瞭であった。実験動物や摘出皮膚を用いて皮膚への浸透評価を行うのが一般的であり、安全面や倫理面の問題でヒトの生体皮膚には適用できなかったからである。

 本研究では、テープストリッピング法とTOF-SIMS(飛行時間型2次イオン質量分析法)を組み合わせた新しい可視化の方法を開発、ヒトの生体皮膚を用いて有効成分であるビタミンE、ビタミンCの浸透経路を顕微スケールで可視化することに成功した。さらに、浸透速度を評価できる手法も確立することができた。

 今後は、有効成分が効果を発揮するメカニズムの詳細についてより一層明らかにしていく。美白成分や育毛成分など有効成分の性能を高める評価に応用し、さらなる性能向上を目指していく予定だという。

名古屋大学

総合的かつ自主的な判断力を持つ豊かな人間性を有する人材の育成

基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土と、既存の権威にとらわれない自由闊達な学風の上に、真の勇気と知性をもった未来を切り拓く人を育てます。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。