小笠原諸島・南鳥島南東沖の深海底で、レアメタル(希少金属)を大量に含む球状の岩石マンガン団塊が大量に見つかった。海洋研究開発機構と千葉工業大学、東京大学の研究チームが潜水調査で確認したもので、日本の排他的経済水域内で広大なマンガン団塊が発見されたのは初めて。

 海洋研究開発機構によると、発見場所は南鳥島周辺にある排他的経済水域の東部から南部にかけた深海底で、水深5,500~5,800メートル。推定分布域は約4万4,000平方キロに及び、北海道の面積のほぼ半分に相当する。

 南鳥島のマンガン団塊は、マンガンだけでなく、コバルト、ニッケル、銅、モリブデンなどレアメタル、ベースメタルを豊富に含み、海水中のレアアース(希土類)が濃集したレアアース泥と分布域が重なっている。マンガン団塊は海水や海底の成分が集まり、海流に揺さぶられて動くことから、球形になると考えられている。

 研究チームは南鳥島周辺海域で海底の音波調査を実施、反射波を測定してマンガン団塊が存在するとみられる場所を特定。2016年4月にその海域に有人潜水調査船を投入し、マンガン団塊の密集を確認するとともに、岩石約100個を採集した。

 水深が深すぎるため、効率的な引き上げ方法はまだ確立していないが、日本の排他的経済水域で大規模なマンガン団塊が見つかったのは初めてとあって、将来の開発が期待されている。

 研究チームはマンガン団塊の周辺にレアメタルやレアアースを多く含む堆積岩のコバルトリッチクラストが分布することから、マンガン団塊の組成を分析し、関連性についても解明を進める。

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。