生物学の記事一覧

深海の「悪魔のサメ」を映像解析、世界で初めて捕食行動明らかに 北海道大学

 深海に生息し、発見から1世紀以上経っても生態が不明であったミツクリザメについて、北海道大学仲谷一宏 […]

世界で2例目、8900万年前のサメの歯化石発見 東京学芸大学ほか

 東京学芸大学と東京大学、北海道中川町の中川町エコミュージアムセンターは同町の天塩川の支流に位置する […]

生物進化の謎、エラの「くり返し構造」の仕組み解明 筑波大学ほか

 筑波大学生命環境系の和田洋教授らの研究グループは、メダカのエラが形成される初期段階で、エラのもとに […]

昆虫変態のスイッチを発見 駆除と食用への応用期待 徳島大学ほか

 徳島大学大学院生物資源産業学研究部生体分子機能学分野の石丸善康助教、三戸太郎準教授らの共同研究グル […]

北方領土だけに「白いヒグマ」が生息する理由  北海道大学ほか

 北海道の北東部にある択捉島と国後島では、世界で唯一白い体のヒグマの生息が確認されている。しかしなぜ […]

蛍光性色素に代わる新しい色素を開発、慶應義塾大学と筑波大学

 慶應義塾大学医学部薬理学教室の安井正人教授らは、筑波大学数理物質系の新井達郎教授らと共同で、細胞膜 […]

生物の多細胞化はがん抑制遺伝子が原因 ゲノム解読で解明 東京大学など

 東京大学大学院理学系研究科の野崎久義准教授らの国際研究グループは、単細胞が多細胞へと進化する初期の […]

神経前駆細胞に発生の時期を知らせる「時計」があった 名古屋大学

 名古屋大学大学院医学系研究科の研究グループは、理化学研究所多細胞システム形成研究センターとの共同研 […]

「オスへの投資はコスト」を実証 コスト削減で絶滅回避 京都大学ほか

小林和也 京都大学大学院農学研究科研究員(日本学術振興会特別研究員 PD)と長谷川英祐 北海道大学大 […]
  1. 1
  2. 8
  3. 9
  4. 10
  5. 11